毎日癒されガーデニングデイ!

父のニキビ物語。笑えるかも

2015年2月 1日(日曜日) テーマ:生活

うちの父親は、ニキビこそ青春のシンボルとして、たくさんニキビが出来るほど青春をエンジョイしてると思っていたそうです。

青い山脈を歌いながら、自転車に乗ってニキビだらけの男子たちと50kmも離れた海岸とか行って、あの夕日に向かって青春だーとか言った日もあったそうです。

しかし、うちの父親は、高校を卒業する頃に、ニキビが大きくなり、痛くなることもあり、お医者さんに行ったんです。

その時、父は「ニキビだらけの男子たちの物語それは青春ですよね?」と医師に話したら医師は「青春だけど、ニキビも度が過ぎたらかっこ悪いよ」と返されたそうです。

そこから父親の考えが変わりニキビを治すことに全力を尽くしたそうです。

オロナイン軟膏を顔にたくさん塗っていったそうです。

またアロエエキスを飲んだりアロエの果肉をヨーグルトにいれて食べたりしたそうです。

注意して治せばニキビってすぐに治るもんや。まるでウルトラの怪獣みたいだわ。

と父親はユニークに語ってくれました。

ニキビに効く洗顔料なら